HOME   -  iPhone   -  ArtClock


ArtClock 「ファイナルファンタジー」シリーズの
コンセプトデザインも手がける
天野喜孝の時計アプリ登場

アートで時を刻むiPhoneアプリ「アート時計


(c)Yoshitaka Amano
MediaPlan Corporation
Kmax brothers Inc.



【アート時計 アナログバージョン】 【アート時計 デジタルバージョン】
   
 
<天野喜孝プロフィール(オフィシャルBlog)>
1952年、静岡生まれ。
竜の子プロダクションでアニメ作品のキャラクター設定をした後、フリーになり、雑誌・絵本等にファンタジー画、装幀画を発表。出版界から注目を浴びる。
83年、第14回星雲賞受賞。86年の第17回まで4年連続受賞。
その後、ゲームソフト「ファイナルファンタジー」のビジュアルコンセプト、舞台美術など創作の場を広げる。
95年ごろより、パリ、ニューヨークでリトグラフの制作を開始。
97年99年と2度にわたりニューヨークで大規模な個展を開催。
上野の森美術館をはじめ、国内での個展開催は数知れない。
現在ではゲームをはじめ出版や映像など、様々な展開に向けて作品を製作中。
ニール・ゲイマンとのコラボレーション”The Sandman;The Dream Hunter”は2000年ヒューゴー賞にノミネート、同年アイズナー賞を受賞。
また画家として2000年ドラゴン・コンにおいてドラゴン・コン賞、ジュリー賞をそれぞれ受賞している。
03年7月にはドイツ・ケルンにて個展を開催し好評を博した。
01年から今年にかけて、「陰陽師」「陰陽師II」のキービジュアル・コンセプトデザインを手がける。



アート時計(ArtClock)は、様々な作品からより抜きの50作品がランダム表示されます。
好きな作品だけを表示させる機能もあり、じっくり作品を堪能することも。

しかもデジタル版とアナログ版の2アプリを用意。
それぞれ50作品の計100作品がiPhone時計となって芸術的な時を刻みます。


<主な特徴>

- 50作品がランダム表示

- 表示間隔は5秒から30分まで指定可能

- 好きな作品を固定表示可能

- アラーム機能あり

- 作品情報(作品タイトル)表示



※価格: 350円
※iPhone3G/3GSおよびiPod touchでご利用いただけます。







ArtClock

New clock application program now on sale,
which is designed by Yoshitaka Amano who works on design of concept of
"Final Fantasy" series .
Selected 50 selected works from various works are displayed at random.
You can display only your favorite works, can appreciat to satiety.
The application is implemented both digital version and analog version.
50 works on each, 100 works in total : to your hand.

< main feature >
- 50 works are displayed at random.
- The display interval can be specified.
- A favorite work can be fixed on display.
- Alarm function.
- The information of the works can be displayed.

* Price: 2.99 US$
* It is available on iPhone3G/3GS and iPod touch.


< Yoshitaka Amano profile >
Born in Shizuoka, Japan 1952.
He became freelance after setting the character of the animated cartoon of Tatsunoko production.
He announced the fantasy picture and the binding picture to the magazine, picture book, etc.
Gained the attention from the publishing world.
He won the 14th nebula prize in '83 , to the 17th prize of '86, 4 years in a row.
Afterwards, he expanded the place of the creation, like the visual concept and the scenic art, game software "Final Fantasy" etc.
He began the lithograph in '95 in Paris and New York.
Held large-scale one-man show in New York in '99 and '97.
The personal exhibitions in Japan are beyond number, as for held in Ueno Royal Museum,
Now, various developments are being produced for publication, image creation and the game.

Collaboration with Kneale Gayman "The Sandman;The Dream Hunter" was nominated Hugo Award in 2000, and won the Eisner prize that year.
Moreover, He won the Dragon Kong prize and the Jury prize respectively in Dragon Kong as a painter in 2000.
The personal exhibitions was held in Germany Cologne in July '03, and won favorable recognition.
He has been engaged in design of the key visual concept of "Onmyoji" and "Onmyoji II" from '01 to this year.